黒作りと冷酒

日本酒と相性の良いつまみ・黒作り

イカの黒作りという食べ物をご存知ですか、イカの塩辛とよく似ていますが違います。みれば一目瞭然、真っ黒なイカの塩辛です。

イカの塩辛とは一味違う黒作り

富山県のあるスーパーマーケットに大量に陳列してあった黒作り、まるでイカの塩辛を真っ黒に染めたような見た目は、イカ墨の味と香り、それからイカ墨独特の舌に粘り付くような食感を頭の中に連想させます。

黒作りを食べてみての感想

予想通りイカの塩辛と同じぐらいの塩辛さで、日本酒やご飯との相性がよいのがすぐわかります。むしろ黒作りだけを食べろと言われても、塩味が強すぎて頼まれてもお断りって感じですが、ご飯か日本酒があれば箸が止まりません。

墨の香りと粘りがクセになる

一般的なイカの塩辛にはイカ肝の香りがあるように黒作りには墨の香りがあります。イカ墨パスタを食べた時の後から鼻をぬけるようなアミノ酸の香りと、イカ墨の粘りが舌につく感じがクセになります。

イカの薄皮が気になる黒作り

前回食べた時に酒のつまみとして気に入ったので高価な黒作りを買ってきました。前に買ってきた物のより量は少なく値段は約2倍しましたが、前に買ってきた物の方が良かったと思います。スーパーの店員さんが言うには富山では有名なメーカーだそうですが、食べると薄皮が口の中で玉になるのが気になりました。イカは小さめの物を薄切りにしてあるので薄皮があっても食べれますが、薄皮は無い方が良いと思います。

黒作りの作り方